関内・桜木町の痩身・ダイエットのエステならIdeal Beautyへ

紫外線対策で色白美人へ

 

意外と難しい紫外線予防

1年でもっともイベントの数が多い季節。

「夏!」

この時期、楽しいイベントが盛りだくさんでウキウキしている方も多いはず。

海、プール、バーベキュー、旅行などなど。

しかし、ウキウキしている女性にとって心配事が1つだけ・・・。

そうです、「紫外線」です。

遊んでいる時は夢中になって楽しんでいても、翌日、鏡を見て溜め息をついた経験はありませんか?

私は何度同じ過ちを繰り返したことかわかりません・・・。

楽しんだ後に後悔をするのはもったいない事ですね。

年中無休の紫外線

ひと昔前(だいぶ前?)は小麦色の肌がオシャレと言われていました。

しかし、現在は白い肌が女性らしいという時代に変わっています。

高校生も日傘をさしているのにはビックリです(笑)

「紫外線=夏」というイメージですが、実は1年中放射されています。

とても寒い冬でも私たちは紫外線を浴びています。

要するに1年中紫外線対策が必要って事ですね。

紫外線の種類

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。

「UV-A」

ガラスやカーテンを通過します。

肌の奥まで浸透してダメージを与え、乾燥してしまうためシワやたるみの原因になります。

「UV-B」

肌の表面にダメージを与え、メラニン色素を生成しシミやそばかすの原因になります。

「UV-C」

「UV-A」「UV-B」「UV-C」の中で1番有害です。

ですが通常、オゾン層に吸収されてしまうため私たちは浴びません。

しかし、近年オゾン層の破壊により「UV-C」をもろに浴びてしまう場所もあるようです。

室内でも紫外線対策

「UV-A」はガラスやカーテンを通過してしまうので、UVカット効果のあるカーテンや洋服をおすすめします。

石鹸で落とせるミネラルファンデーションもありますので、室内でも塗るといいですね。

毎日のスキンケア

紫外線を浴びると肌は乾燥します。

日本の夏は湿気があるので、乾燥していることに気づかない場合もよくあります。

そのまま秋・冬を迎えると、一気にシワやたるみが進んでしまいます。

夏こそ保湿をしっかりして、秋冬も乾燥知らずのお肌を手に入れましょう。